お問合わせ 教室検索

塾の定員ってどれくらい?
中にはキャンセル待ちも

塾の選び方

学習塾は主に規模や地域によって受け入れられる生徒数が決まってしまうのが現状で、定員数が定められている場合があります。

そのため、通いたい学習塾があってもキャンセル待ちをしている生徒や保護者もいるようです。

学習塾の定員制とは?

日本中にある学習塾の中でも、「定員制」を取り入れているところは多いようです。
生徒一人ひとりに対してしっかりフォローやサポートができるようにするため、各クラスまたは全体数としてどれぐらいの人数が適正か判断し、各学習塾は定員を決めているところも多いようです。

定員制は特に、集団学習塾のようなクラス単位で受講する形式を取り入れている場合に必要となるシステムといえます。

集団学習塾や自立学習塾では、ベテランの正社員講師が授業を担当し、指導することが多い傾向にありますが、いくらベテランであっても、入塾希望者全員をサポートできるかと言われれば、それは難しいでしょう。

だからこそ採用されるのが、定員制なのです。
学習塾の規模や地域によっても異なりますが、1クラスや各コースで受講できる生徒数を制限することによって、生徒一人ひとりに目が届きやすい環境で、フォローやサポートがしっかりできる体制をつくることができるのです。

ちなみに個別指導塾は、その名の通り個別で指導することがそもそもの目的となっているため、こちらは定員制の中でも少人数制の部類に入ってくるでしょう。

定員制の場合、
その数はどれぐらい?

定員制を取り入れている場合でも、その数は学習塾の規模や地域によって左右される他、大手経営塾と個人経営塾でも差があります。

例えば、小規模の学習塾であれば、全体数であっても30人程度の受け入れが限界かもしれません。
逆に大手経営塾であれば、30人以上の生徒が1クラスで受講している場合もあります。

また、各学習塾の指導方針に合わせて定員制の中でも「少人数制」を取り入れて10~15名程度を定員にし、より生徒一人ひとりに深い対応ができるようにしているところもあります。

中でも個別指導塾は、講師1人に対して1~3人あるいはそれ以上の生徒がつく形式で指導が行われるので、「少人数制」を取っているといえます。

一方で、1クラス数十名を定員としているところもあります。

定員制の中でも
指導の質に差が出るのか?

定員制と一口にいっても、先程説明した通り、定員数にばらつきがあるため、その分指導の質に差が出てくるのではないかと思う方も多いようです。

確かに、生徒一人ひとりに目が届きやすい環境で、フォローやサポートがしっかりできる体制をつくるために定員制が採用されていたとしても、定員数が多ければ多いほど一人ひとりに対するサポート力は低下するかもしれません。

しかし、授業中における一人ひとりに対するサポート力は定員数によって差が出るかもしれませんが、どの体制であっても生徒全員の学習状況や学力、性格までもしっかり把握できるようにデータが整理されています。

また、少人数制である個人指導塾では比較的アルバイト講師が担当することが多いので、指導力やその他のサポート面で考えると、一概に少人数制が一番だということはいえません。

つまり、最適だと判断するのは、あくまでお子様がどの授業形式に向いているかというところなので、定員制は判断材料の一部として考えておきましょう。

定員制の学習塾では
キャンセル待ちがある?

キャンセル待ちが発生するような状況になる場合は、おそらくその学習塾の評判や合格実績などから判断するのが良いのかもしれません。

また、新設の場合、学習塾自体の規模よりも多くの入塾希望者が発生することもあり、この場合にもキャンセル待ちが発生してしまうでしょう。

中には定員数を満たしている場合、キャンセル待ちはなく、空きが出た場合の先着順に次の入塾生を受け入れている学習塾もあります。

どちらにしても人気がある学習塾の場合は、新入塾生募集の案内が出たときにすでに予約待ちということもあるようなので、早い段階から入塾枠のチェックをしておくことをおすすめします。

まとめ

生徒一人ひとりの学習状況をしっかり把握し、それに合わせた指導やフォロー、サポートができるように定員制を採用している学習塾が多くあります。

ただし、学習塾の定員数は、規模や地域によって左右されることが多く、定員数によって指導の質には少なからず差は出てくるでしょう。

また、進学実績が高い学習塾や人気講師がいるような学習塾は、キャンセル待ちが発生することもあるため、入塾を希望している学習塾がある場合は早めの行動が大切になります。

学習塾コラムトップへ

無料体験
受付中

無料体験後そのままのご入塾で

入塾金12,100無料

今なら31アイスクリームが
当たる!

無料体験

授業料は